森地所株式会社 [ map ]
■所在地
 〒233-0016
 横浜市港南区下永谷3丁目6-16
■営業時間
 9:30〜18:30
■電話番号

045-823-4505

カテゴリー選択

検索カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

archives

不動産購入の初期費用

0
    資金計画を立てる場合に注意しておきたい点が、入居時までにかかる売買代金以外の諸費用です。

    引渡しを受けて自己名義の登記をする際には、登録免許税や司法書士等への報酬が必要です。

    住宅ロ−ン利用に際し、連帯保証人を立てる代わりに住宅ロ−ン保証を頼めば、ローン保証料が必要になる場合もあります。

    引越しにも相応な費用が必要となります。
    諸費用は購入する住宅などの条件によって異なりますが、一般的に住宅価格の5〜8%程度と言われています。

    マイホーム購入の支払い能力

    0
      マイホ−ムはとても高価な買い物です。
      手持資金で一括で購入できる人は滅多にいません。

      当然ですが、不足分は住宅ロ−ンを利用することになります。
      マイホ−ムの購入を決断したならば、準備できる頭金(自己資金)と自分の支払い能力からみた住宅ロ−ンの総額を把握することが必要です。

      この金額が掴めれば、購入できるマイホ−ムの総額が自ずと決まります。
      住宅購入後もゆとりある生活を営むには購入価格の30%程度の頭金を用意しておきたいものです。

      ■ゆとりのある資金計画を!
      住宅ローンは通常、購入価格や建築費の80%までというケースが多く、逆算して20%程度の頭金があれば大丈夫と考えられています。

      最近では、頭金が不要で100%ローン可能という広告も見ることがあります。この場合、住宅ローンの返済が長期に渡るため予期していない出来事があることも考慮しておくことが必要です。

      また、実際には購入費用のほかに諸費用も必要ですので、購入予算の25%〜30%程度の資金を準備しておくのが、安全な資金計画といえるでしょう。

      つまり、住宅ローンはいくら借りられるのかより、いくらなら無理なく返済できるかを考慮し、安全な資金計画を立てることが大切です。

        1 / 1ページ中