森地所株式会社 [ map ]
■所在地
 〒233-0016
 横浜市港南区下永谷3丁目6-16
■営業時間
 9:30〜18:30
■電話番号

045-823-4505

カテゴリー選択

検索カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

archives

ご契約に関するお役立ち情報

0
    不動産購入時や賃貸入居時の手続きや注意点などをご紹介します。

    ■用意するお金の目安は家賃の6ヵ月
    首都圏の場合、賃貸住宅に入居するには、およそ家賃の6ヵ月が必要と言われています。その内訳は、礼金が2ヵ月、敷金が2ヵ月、仲介手数料が1.05ヵ月(消費税を含む)、前家賃(=入居を開始する月の家賃)が1ヵ月です。もっとも、礼金や仲介手数料が不要の物件もありますから、6ヵ月というのはあくまで目安と考えてください。
    また、引越し費用や家具の購入費用も含めると、実際にかかる費用は6ヵ月より多いとも言えます。できるだけ余裕を持って予算を組んでおく必要があります。



    ■礼金は家賃の1〜2ヵ月
     賃貸住宅に入居するとき、家主に対して礼金を支払うのが一般的です。礼金は、賃貸住宅から退去しても戻ってきません。礼金の額は物件によって異なりますが、およそ家賃の1〜2ヵ月が相場です
     なお、礼金を支払うのは、賃貸借契約を正式に締結するときです。物件探しや入居申込の時点では、礼金を支払う必要はありません。



    ■敷金は家賃の2〜3ヵ月
     賃貸住宅に入居するとき、家主に対して敷金を預けておくのが一般的です。敷金はあくまでも預けておく金銭ですから、賃貸住宅から退去するときに原則的には戻ってきます
     ただし、賃貸住宅から退去する際に、家賃を滞納している場合や、入居者の負担で部屋を補修する必要がある場合には、その金額が敷金から差し引かれることになります。
     首都圏では、敷金の額はおよそ家賃の2〜3ヵ月です。敷金を払うのは、賃貸借契約を正式に締結するときです。
     なお、一部地域では家主に預け入れた敷金(保証金)の一部を退去時に償却する「敷引」と呼ばれる制度を採用している場合もあります。



    ■仲介手数料は家賃の1.05ヵ月
     仲介手数料は、家主と入居者との仲立ちをしている不動産会社に支払う金銭です。この金額は最大でも家賃1ヵ月分の1.05倍以内と法律で決められています。実際には、この限度額いっぱいまで(つまり1.05ヵ月ちょうど)を支払うケースが多いようです。



    ■引越し費用は1部屋タイプで5〜10万円
     賃貸住宅に入居するとき、意外にかかるのが引越し費用です。この金額は、部屋の広さ、荷物の量などによって違います。また、引越し会社によっても開きがあります。およその目安として、ワンルームや1DKの場合で、5〜10万円と考えておいてください。



    ■前家賃は1ヵ月
     前家賃とは入居を開始する月の家賃のことです。例えば、8月に契約を済ませて、9月から入居を開始する場合に、契約の時点で9月分の家賃を前もって支払います。これが前家賃です。
     なお、月の途中から入居する場合は、前家賃として、その月の家賃(入居する日から月末までの日割り家賃)と翌月分の家賃を、一緒に支払うことが多いようです。この場合、前家賃は1ヵ月を超えることになります。




    ■損害保険料なども忘れずに 
    賃貸住宅に入居する場合、入居者は自分のお金で損害保険や共済などに加入することが条件になっているケースが多くなってきています。この費用は1〜2万円程度のことが多いようです。加入手続きは不動産会社が代行してくれます。また、ドアノブの鍵の付替えをするケースもあり、この費用が発生することがあります。



    ■礼金ゼロの物件もある
     首都圏では、礼金が不要な物件も増えてきました。礼金ゼロの物件の多くは、住宅金融公庫の融資で建設された物件です。住宅金融公庫の融資を受けた物件では、家主が入居者から礼金や更新料を受け取ることができないからです。
     また礼金ゼロの物件の中には、家主が自主的に礼金をゼロにしているものもあります。



    ■仲介手数料ゼロの物件もある
     賃貸住宅の広告に「取引態様」という欄があります。この欄には「媒介・代理・貸主」という3つの言葉のどれか1つが書かれています。
     この取引態様の欄に「媒介」または「代理」と書かれている場合は、その広告を出している不動産会社がその物件を仲介しています。したがって入居者はその不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。
     しかし、取引態様の欄に「貸主」と書かれている場合は、その不動産会社が自社所有物件を貸すという意味です。つまり、入居者は貸主と直接契約することになるので、仲介手数料は一切不要、ということです。



    ■管理費は毎月必要
     賃貸住宅を借りるとき、家賃のほかに「管理費」を毎月支払うことになります。管理費とは、建物の清掃などの維持管理に必要な費用のことです。管理費の金額は賃貸住宅の広告に必ず記載されています。
     管理費は家賃と一緒に毎月支払うものですから、入居者の立場から見ると、家賃の一部と考えることもできるでしょう。
     ただし、礼金や敷金、仲介手数料における「家賃の○ヵ月分」といった金額に含まれることはありません。



    ■駐車場料金、駐輪場料金も考慮に入れる
     賃貸住宅の駐車場を使用するには駐車場料金を毎月支払う場合が多く、地域によっては、駐車場を使用するために「敷金」を預ける場合もあります。
     賃貸住宅の広告では、駐車場についても記載されているのが普通です。ここで駐車場料金が毎月いくらかかるのかをチェックしておきましょう。
     また、駐輪場の使用料金はたいていの場合無料ですが、まれに家賃・管理費とは別に料金を徴収される場合があります。



    ■更新料の支払いは2年に1度
     首都圏の場合、賃貸住宅は2年契約にすることが多いので、2年に1度の割合で契約を更新するのが一般的です。契約を更新する際には、家賃の0.5ヵ月〜1ヵ月の「更新料」を支払うケースが多いようです。
     更新料とは、契約の更新の際に家主に支払う金銭であり、部屋から退去しても入居者には戻ってきません。更新料の金額は、賃貸住宅の広告には書かれていないことが多いので、賃貸借契約を結ぶ前にしっかりチェックしておく必要があります。



    ■損害保険料の支払いも2年に1度
     入居者が賃貸住宅に入居する際には、入居者の負担で損害保険や共済などに加入するのが一般的です。この費用は1〜2万円程度です。さらに、2年に1度契約を更新する際にはあらためて、損害保険や共済などに加入する必要があるので、更新のたびに出費することになります。




    入居申込書とは?

    0
      物件が気に入った場合、不動産会社に「入居申込書」を提出することになります。
      この入居申込書の書式は、不動産会社によってまちまちですが、住所・氏名・年齢・職業・年収などを記入する書式になっています。

      入居申込書は、あくまで入居する意思を確認するための書類であって、賃貸借契約書ではありません。したがって、入居申込書を提出した後でも、入居申込みをキャンセルすることが可能です。

      提出する前に、この点を不動産会社に再確認しておくとよいでしょう。



      ■入居申込書の役割

      不動産会社が用意している「入居申込書」には、住所・氏名・年齢・職業・年収・保証人の氏名などを記入する欄があるのが一般的です。

      こうした細かい事項を記入する理由は、不動産会社が家主にその内容を知らせる必要があるからです。

      つまり、入居申込書は、家主がOKを出すかどうかを決める重要な書類です。

      入居者としてはできるだけ詳しく記入した方がよいでしょう。

      ただし、申込みの時点では、まだ保証人を誰にするか決まっていないこともあると思われます。

      この場合は、不動産会社にその旨を告げて、保証人になる見込みの人を記入しておくのがよいでしょう。

      自分のこだわりをはっきりさせておこう!

      0
        【必ず必要な条件又は絶対に嫌な条件を決めておく】
        部屋を探す際に、「ここだけは譲れない」という条件を担当者伝えてください。
        たくさんの物件を見ているうちに、それぞれの物件の長所が見えてきて最終的に不動産会社が貸したい物件を借りてしまうことが良くあります。

        長く住んで頂くためには、担当者も気に入った物件を紹介したいと思ってます。お客様の条件がはっきりしていると、担当者も物件を探しやすくなり効率がアップします。

        必要な条件

        絶対に嫌な条件

        • 駅近である
        • 築10年以内
        • 間取り
        • 和室付き
        • 学区内な
        • 日当たりが悪い
        • バストイレが一緒
        • お風呂に窓がある又はない
        • 治安が悪い
        • 狭い


        例えば外出は車を使う人という人は、駅から遠くても問題は無いので駅から離れた賃料相場の安い物件を担当者が探せるようになります。その中から必要な条件に合う物件を探してゆきましょう。

        ※予算は、ある程度幅を持たせておくと、物件探しの幅が広がりますので、低予算のレベルから少し予算をアップするとこのレベルといった提案を担当者もさせてあげてください。
        予想外に良い物件が見つかるかもしれません。

        賃貸物件の探し方

        0
          1)賃貸情報は「足」が早い
          賃貸物件は、入居者募集をしてから入居者が決まるまでの時間が短いという特徴があります。特に、毎年1月〜3月の賃貸シーズンの場合、早いものでは1〜2週間で入居者が決まると言われています。

          2)おとり広告には要注意
          おとり広告とは、実際には存在しない物件を広告に出すことです。これは、消費者をお店に誘引することを目的にした架空の広告ですから、付近の家賃相場よりも格安の物件として広告することが多いようです。おとり広告は法律違反ですから、本来あってはならないものです。賃貸物件を探す時には十分注意してください。

          3)広告に掲載されない情報項目もある
          賃貸情報誌は、賃貸物件を探すとき手軽に利用できるものですが、スペースなどの関係で、その物件に関するすべての情報項目を掲載することはできません。例えば、2年に1度の契約更新の際に支払う「更新料」は掲載されていません。また、不動産会社に支払う「仲介手数料」の金額も掲載されていません。こうした情報項目は実際に不動産会社を訪問した際に、自分でチェックする必要があります。

          4)不動産会社の業務の違い
          賃貸物件を扱う不動産会社の業務は、大きく2種類に分かれます。1つが「賃貸管理」業務。家主からその賃貸物件の管理を依頼され、家主に代わって建物を維持するための管理や家賃集金等の業務を行います。合わせて、直接入居者募集の業務を行う不動産会社もあります。 もう1つが、「賃貸仲介」業務です。この業務を行う不動産会社は、入居希望者の対場に立って希望に合った物件を探し出し、現地案内、そして契約までの交渉事等を行ってくれます。

          賃貸広告を出している不動産会社は「賃貸管理」の場合もあれば「賃貸仲介」の場合もあります。
          ● 管理会社の場合、家主から依頼を受け、入居者募集を行っているため、その物件の入居者選定や賃料設定等に関してある程度の権限を持っていたり、家主と相談する立場にあるので、折衝事が得意な人には自分の希望が反映される可能性があります。

          ● 仲介会社の場合、借主の依頼に基づいて物件探しから交渉、契約までをサポートしてくれますから、折衝事が苦手な人や忙しくて自分でいろいろと動けない人、また、物件とその物件を管理する不動産会社の所在地が離れている場合に物件所在地近辺の不動産会社に取引を依頼したい、という人にメリットが大きいと言えるでしょう。
          当サイトでは、入居者の立場に立って取引をサポートしてくれる賃貸仲介不動産会社を「レシーズ・エージェント」と呼んでいます。

          5)媒介、代理、貸主の違い
          賃貸情報誌の賃貸広告には「取引態様」という欄があります。ここには「媒介」「代理」「貸主」の3つのうちどれか1つが書かれています。

          「貸主」とは、不動産会社が自社所有物件を賃貸する、という意味です。
          「代理」とは、一般的には、不動産会社が家主の依頼で管理している物件の入居者を募集する、という意味です。
          「媒介」とは、家主や他の不動産会社から依頼された賃貸物件を仲介する、という意味です。
          貸主の場合、不動産会社自身が家主ですから仲介手数料がかかりません。代理や仲介の場合は、不動産会社が取引の仲立ちをするので、仲介手数料がかかります。

          <宅地建物取引業に関する苦情処理窓口(首都圏)>

          東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課(TEL:03-5320-5071)(直通)
          埼玉県県土整備部開発指導課(TEL:048-824-2111)(代表)
          神奈川県庁建設業課宅建指導班(TEL:045-210-1111)(代表)
          千葉県県土整備部建設・不動産業課(TEL:043-223-3294)(代表)

          横浜市営地下鉄ブルーライン:近隣マンション平均家賃相場|港南区の賃貸

          0
            横浜市営地下鉄沿線の近隣相場をご紹介します。(築年数15年未満・駅徒歩15分以内)
            掲載金額は平均賃料です。
            駅名 ワンルーム 1K 1DK 1LDK 2K 2DK 2LDK 3K 3DK 3LDK
            戸塚 7.04万 8.14万 9.66万 11.09万 13.98万
            下永谷 -- -- -- -- 13.45万
            上永谷 -- -- -- 10.77万 14.57万
            港南中央 -- -- -- -- 12.87万
            上大岡 7.87万 7.84万 9.44万 11.10万 15.25万
            弘明寺 -- 7.75万 9.51万 11.11万 --
            蒔田 -- 7.39万 10.06万 -- 12.53万
            吉野町 6.18万 7.41万 -- -- --
            阪東橋 6.66万 8.33万 10.99万 12.71万 14.93万
            伊勢佐木長者町 6.42万 9.43万 -- -- --
            関内 -- 9.05万 12.03万 14.73万 --

              1 / 2ページ中   >>